現在借り入れている住宅ローンよりも、より金利が低いものに借り換えることで返済総額を減らすことができる借り換え住宅ローン。でも住宅ローンはできるだけ早く返済をするのが、返済総額を少なく完済させるコツです。通常、毎月返済している住宅ローンの金額は、借り入れた元金に対する「元金返済分」と、利息に対する「利息支払分」の2つで構成されています。

つまり、繰上返済を行なえば行なうほど元金を減らすことが出来るため、本来支払わなければならなかった利息を減らすことができ、支払総額を抑えることにつながるということなのです。「それなら金利の低い住宅ローンに借り換えて、どんどん繰上返済するぞ!」じつは住宅ローンの中には、この繰上返済の度に手数料がかかるものがあります。

そこでお勧めなのが、繰上返済がお得な住宅ローンなんです。借り換え住宅ローンの多くは、繰上返済時に5千円から3万円程度の手数料が必要になっています。こうした住宅ローンなら、気軽にしかもかなりお得に繰上返済をすることができそうですよね!